白髪が似合う=渋い人であるかどうかがポイントです。

結論から言うと、人それぞれなんです。白髪が全く似合わなくて老けてしまう人、白髪によりダンディーさにさらに磨きがかかる人に二分すると思います。
でもこれはほとんどの男性は前者にあたり、後者にあたる男性はごく少数だと思います。

後者にあたる人と言って思い浮かぶ有名人は、鳥越俊太郎さんです。まず言えることは、白髪が似合いダンディでいようとする人は、決して太ってはならないということと、禿げてはならないのです。
ですから、白髪でいつづけることはハードルが高いと思います。最近民進党の細野豪志代議士の白髪が以前より目立ってきました。

急に苦労したからという理由ではなく、下町ロケットに出演していた吉川晃司さんを見て、娘さんが『かっこいい』と言ったからという理由だそうです。

私個人の意見としては、吉川晃司さんの白髪姿は本当にダンディだと思います。白髪とドラマでのあの渋い表情がぴったり合い、とてもかっこいいと思います。しかし、細野豪志代議士は太ってもいないし禿げてもいないですが、黒髪の方が似合うと思います。

白髪染めをやめたもう一人の代議士甘利明さんに至っては、ストレスがたまりすぎて病気になってしまわれたのかと心配したほどでした。もともと渋い人であるかどうかがポイントのようです。

コメントは停止中です。